パイレックス バタフライゴールド ティーカップ
new
パイレックス バタフライゴールド ティーカップ パイレックス バタフライゴールド ティーカップ パイレックス バタフライゴールド ティーカップ

パイレックス バタフライゴールド ティーカップ

¥1,000

¥900 税込

10%OFF

¥10,000以上の購入で送料無料

送料は¥700です

パイレックスのバタフライゴールド ティーカップです。独特の形や色がダイニング・キッチンを楽しい雰囲気にしてくれます。 サイズ:W16×H7×φ10 製造年代:1960年以降 店頭平均価格:¥2,500 【パイレックス】 1851年に創業した大手ガラスメーカー、コーニング社で製造された、世界で初めての耐熱ガラスブランドがパイレックスです。 コーニング社は、あのエジソンが発明した電球のガラス部分を供給したり、宇宙船の窓ガラスを開発するなど、理化学用のガラス製造で高い技術を誇るメーカーです。 その技術を応用し、ライフスタイルの変化を見据えて、1915年に商標登録し、冷蔵庫やオーブンなど温度変化の激しい家庭用食器の製造に乗り出しました。 製品には”Oven or Microwave use “(オーブンか電子レンジ)と記されており、レンジでの使用も可能。誕生以来、アメリカ人にとってはなじみのあるブランドとなり、母親や祖母がパイレックス製品を使う姿を見て育った人も多いといいます。 ちなみに、パイレックスとはギリシャ語の「Pyro(耐熱)」と「ex(王様)」を組み合わせて「ガラスの王様」という説や、 鉄道信号にも使われるほどの強度を持つガラスを「Nonex(ノネックス)」の商標で販売していたコーニングが家庭用品の製造に乗り出す際の最初の応用がパイ皿だったことから 提案された名前「Pyright (パイライト)」の響きと合わせてパイレックスになったという説など、諸説があります。 現在ファンの根強い人気を集めているのが、ミルクガラス製造が盛んだったころの1940〜1970年代に作られた「オールドパイレックス」と呼ばれる製品です。 料理や食事が楽しくなるようなドットや花柄などの様々なプリントものや、ビビッドなカラーのリフリッジレーター(保存容器)などが代表的な製品です。 かつてはシリーズごとに販売されていたため、ファンにとっては多岐にわたるシリーズをコレクションすることも大きな魅力となっています。 1957年には、代表的なシリーズとなる「スノーフレイク」シリーズが発売。以後、1960年代には「クレイジーデイジー」など、数々のヒットシリーズを生み出しました。